お酒の考え方

おはようございます。
ENter Shibuya Private Studio 代表
パーソナルトレーナー 中西です。

ダイエット中にお酒を飲んでもいい?
クライアントさんへのアドバイスでもアルコールを禁止してしまうことは基本ありません。
ダイエットの成功には長期間続けられるということが前提なので、「まったく飲まない!」と決めてしまうのは現実的じゃないかなーと考えています。
なのでビール、カクテル、酎ハイ、いくつかルールを守れば、なんでも飲めます。

ダイエットはできるだけストレスなく続けられることが大切です!

お酒好きの人や、仕事で飲む機会のある人にとって、禁酒とダイエットの両立は不可能に近いと思っています。
あまりマジメになりすぎると、かえってうまくいきません。
「ダイエット中なのにビールを1杯飲んでしまった。もうヤッてしまったから1杯も10杯も同じ。飲んでしまえ!」とタガが外れたように暴飲に走ってしまう危険があります。

さらに居酒屋の揚げ物とシメのラーメンが加わると、それこそゲームオーバーです。
ダイエットやトレーニングの努力を台無しにしないアルコールとの付き合い方を考えましょう。

そこで私なりにお酒の考え方を


1.カロリー収支がプラスになったら体脂肪が増える。

2.アルコールそのもので太ることはないが、アルコールにもカロリーはある。

3.カロリー収支がプラスになったら、食事の「脂肪分」が太るもとになる。

4.アルコールのカロリーは、体脂肪やグリコーゲン(炭水化物が身体に蓄えられたエネルギー源)よりも優先的にエネルギー源として使われる。

5.飲めば飲むほどアルコールがカロリー摂取量を押し上げて、消費量を超えた脂肪分が太るもとになる。

これを知っておくだけでもお酒のコントロールを考えるキッカケになると思います✨

《公式ホームページ》
《Instagram》

0コメント

  • 1000 / 1000