ENter

記事一覧(120)

世界2位の最高の国

おはようございます。ENter Shibuya Private Studio 代表パーソナルトレーナー 中西です。今回は投稿の毛色を変えてお送りします。“世界で最高の国”を決める国際ランキング「ベスト・カントリーズ」(2019年版)で、日本が総合第2位に選ばれ、注目を集めているそうです😌このランキング調査は、米ペンシルバニア大学ウォートンスクールと、米誌「U.S.ニューズ&ワールド・レポート」、世界最大の広告代理店WPPグループで93ヵ国に拠点を持つ「BAVコンサルティング」が、毎年共同で行っているもので初年度(2016年)に7位だった日本が躍進しています。日本がサブカテゴリーで10位以内に入ったものは、以下になります。「起業家精神」1位、「将来性」5位、「文化的影響力」6位、「パワー」7位。また前回より順位を上げたものでいうと、「国民の権利・進歩的な姿勢」が19位から17位へ、「生活の質」が14位から 13位へ、「伝統」が12位から10位へ。こうしたソフト面のほかに、「起業家精神」が2位から 1位へ、「ビジネスへのオープン性」が26位から22位へと、ビジネス環境もバランスよくアップしているそうです。逆に日本の順位が低いサブカテゴリーは次の3つでまず「冒険性」39位。楽しさ、天候、景色、人々のフレンドリーさなど、観光に関係する項目だ。ちなみにサブカテゴリー以外では「ひとり旅」27位と、日本は“自由に楽しめる国”とはあまり思われていないみたいですが私もそう思います。次に「ビジネスへのオープン性」22位。前回(26位)から改善したとはいえ、税制や官僚的な組織、コストの高さなどが、厳しく評価されているみたいです。そして「国民の権利・進歩的な姿勢」17位。「男女平等」、「信教の自由」、「人権」、「政治パワーの分散」などにおいて、世界に厳しく見られているそう。サブカテゴリー以外で低水準だったものでは、「退職後の人生」37位、「留学」21位、「子育て」19位、「女性(進出)」18位が目立つ。日本は暮らしやすさについてスイスやカナダ、北欧諸国に遠く及ばず、また国際性が欠けていると認識されている。日本押し退けて1位だったのはスイス(3年連続)で3位はカナダだそうです✨日本は恵まれすぎている国だと思うと同時にだからこそその中で何に時間を費やし努力するかでこれから先は変わるのかなって感じるような記事だったのでシェアさせて頂きました✨

人工甘味料について

おはようございます。ENter Shibuya Private Studio 代表パーソナルトレーナー 中西です。今日はダイエット中の人工甘味料についてお話をしていきます。人工甘味料と聞くとどんな印象があるかというと○人工甘味料を摂ると太る○人工甘味料は健康に良くないと思っている方も多く体形や健康を気にする方の中には、食べ物に人工甘味料が含まれていないか心配する人も少なくないです。でも実際は○人工甘味料を摂ると太るについては基本的に体重を管理するにはカロリー収支を調整することが最も重要で、人工甘味料を摂るとカロリー収支に関係なく体重が増えてしまうことはありません。人口甘味料がカロリー収支に影響し、体重が増えたり減量の妨げになったりする心配も少ないです。次に○人工甘味料は健康に悪いについては普通に生活をしている限りでは、摂取許容量よりもずっと少ない量の人工甘味料を摂取することになるので。健康に悪影響が出る量を間違って摂り続けてしまうようなことはほとんどないと言われています。それらを加味してどのように人工甘味料と付き合っていけばいいかについてです。○減量中に甘いものが欲しくなったとき。減量中、カロリー摂取量を抑えたいけれども甘いものがなくて口寂しいときに「ゼロカロリー 」や「カロリーオフ」の食品を利用するのはアリです。○普段から甘い飲料水を飲んでいる方が減量を始めるとき。甘味料で味付けされた飲み物を利用することで、これまでの食習慣を大きく崩さずに減量を始めやすくなります。人工甘味料について少し理解が深まれば幸いです✨